4 お米のTEPPEN|コシヒカリとアミロースの関係性
お米のTEPPEN

コシヒカリとアミロースの関係性

コシヒカリとアミロースの関係性

コシヒカリは粘りが強く軟らかい米です。米の美味しさは食べる人の嗜好や用途によって変わりますが、美味しい米とは一般的に炊き上げたときに光沢や香りがあり噛みしめると甘味を呈し旨味が口いっぱいに広がり食感をかんじるもと言われています。米の主成分はデンプンです。ぶどう糖が直鎖状につながったデンプンをアミロース、枝状に分かれているデンプンをアミロペクチンと呼びます。アミロース含有量が少ない米は粘り気があり柔らかいと言われ、コシヒカリがその代表的な品種です。アミロースが全く含まれない米をもち米、含有量が3%から17%程度のものを低アミロース米、17%から23%のものをうるち米と呼び、コシヒカリはうるち米に分類されます。アミロース含有量が高くなると硬く粘りの弱い米になります。アミロースの含有量は品種の特性や土地によって大きく影響されます。北陸や東北・北海道地方でコシヒカリを栽培したとすれば、含有量が高い米になります。

梅干を作る方法と注意点

梅干とは、塩に漬けた梅を日光に当てて乾燥させ、梅酢に漬けた食べ物のことであり、味付けには蜂蜜やシソなどが使われます。
梅に含まれる成分によって疲労回復や食欲を促進させる効果があり、除菌効果もあるため、湿度が高いときに弁当を作る場合には梅干を入れることで、カビ対策をすることもできます。
自分好みの物を食べたいときには自分で作ることもでき、黄色く熟している梅のへたを取り除いて、汚れが無くなるまで水でよく洗います。
次に梅の水分を拭き取ったら、梅の量1キログラムにつき、約120グラムの塩を梅と交互に容器に入れますが、このとき菌が入らないようにするためには、容器を熱湯消毒する必要があります。
梅をすべて容器に入れたら、梅1キロにつき、60グラムの塩を梅の上に乗せて、蓋で梅を押さえたら、その上から重石を乗せます。
その後は容器の口の部分をビニール袋などを使用して外れないように覆います。
数日後に容器の中の梅酢が上がってきて、梅酢にしばらく漬けたら、梅を取り出して風通しの良い日光の当たる場所で数日干したら食べることができます。
作るときには梅雨時の場合だと梅を干せなくなるため、天気に注意し、作るときに使用する道具は消毒が十分行われていないとカビの原因になります。
子供が食べるときなどは種がのどに詰まらないように気を付けます。
また梅干を食べ過ぎると、塩分の取りすぎになってしまうため、できるだけ塩分が使われていない梅を食べ過ぎないように食事に取り入れることが大切です。

recommend

学生服
http://www.pros-online.jp/gaku_top.html
医学部 予備校 名古屋
http://st.mepres.net/
不用品回収
http://www.back-up0009.com/
フィギュアケースなら
http://tomeido.com/
ロレックス 修理
http://housekihiroba-repair.jp/price/rolex/

Last update:2016/9/21

トップページ

美味しい炊き方

おかず

価格相場

南魚沼産コシヒカリ

Copyright(C) 2009 お米のTEPPEN All rights reserved.